banner

登記完了までにかかる期間

会社設立準備から登記完了までにかかる期間

会社設立の準備を始め、会社が誕生するまでに2週間から1か月の期間が必要です。この間に会社が誕生したと言えるのは、登記が完了した段階になります。その申請日が会社の設立日となり、法務局の登記簿に会社の情報を登録・公示してもらうことで会社が成立した事になるからです。

具体的な流れとしては、まず、会社の商号や事業目的等を固める事から始めます。次に法務局で、使いたい商号と似た物が既に使われていないか、事業目的は適当かを確認。この後、会社の代表印を作成します。それから定款を作成して認証役場での申請・認証を経たら、金融機関に資本金の払い込みを行う。ここまできて、はじめて登記に取り掛かれます。

この流れの上で時間がかかりがちなのは、定款の作成・申請・認証です。定款は憲法にも例えられるように会社の基本であり、重要な情報が詰め込まれています。一度決めても変更したくなる事がありますから、作成には手間がかかる傾向があります。その上、手続きを間違うと補正をする必要がありますので、特に独力で定款認証を受けようとすると、思うようにスケジュールが進まないものです。登記の段階に入れば、あとは1週間ほどで完了します。

この一連の作業をスムーズに行い、できるだけ短期間で会社設立をするには、士業関係者に代行を依頼するのが賢明な方法です。弁護士、司法書士、行政書士等の事務所では、会社設立の代行依頼を受け付けている所が多くあり、各事務所が経験・技術・実績を活かした様々なサービスを加えて会社設立の代行をしています。

例えば、弁護士の事務所は数多くのコンサルティングに従事してきた経験と実績を活かして、会社設立後もコンサルティングを行ったり、人脈を活かして専門家を紹介したりと、至れり尽くせりのアフターフォローを行っている事務所が少なくありません。司法書士の事務所は、弁護士よりも身近なアドバイザーとして法務部を持つ余裕がない中小企業に嬉しいサービスを展開する例があります。行政書士の事務所のサービスでは、手続きがより安く済む方法を提案している例が多くあります。

このように、士業関係者に会社設立の代行を依頼することには、より良い会社設立・経営を行う為に有効なサービスを受けるきっかけにもなります。良い会社として短期間でスムーズに設立し、設立直後の難しい時期を乗り越え、長続きする企業に育てていきたい方には、士業関係者への依頼は決して無駄なものではないと言えるでしょう。

Copyright(c)2014 個人事業主から法人化、会社設立を考えていらっしゃる方必見、簡単会社設立術All Rights Reserved.