banner

会社設立代行の良さ

会社設立のプロに依頼するメリットについて

会社設立を行うには、登記手続きを済ませる必要があります。法務局の登記簿に会社の基本的なデータを登録・公示してもらう登記を受けることで初めて、「正しい手続きによって設立された、信頼できる企業」であることが示され、会社として公的に成立するからです。

登記手続きを行う方法は2種類あります。1つは全てを自分自身の手で済ませること。もう1つは登記手続きのプロである士業関係者に代行を依頼することです。全て自分自身の手で行う方法は様々な形で紹介されていますが、士業関係者に依頼する方が「出費が少なく済む」「手間がかからない」「多様なサービスが受けられる」というメリットがあることから、弁護士・司法書士・行政書士等に依頼する例が多く見られます。

例えば、行政書士事務所ではよく、登記手続きが廉価に済むサービスを行っています。行政書士が受ける法律上の制限のため手続きの一部は自分で行わなければいけませんが、それでも自分自身で全ての手続きを行うよりも手間がかからず、出費額も数万円少なくすることができます。この出費額は行政書士への報酬も含めた額です。プロに依頼することのメリットの大きさがわかる例の1つと言えるでしょう。

弁護士・司法書士事務所では、その経験・技術・人脈を活かして幅広いサービスを展開している例が少なくありません。例えば、手続きの全てを代行する。会社設立そのものの相談から対応する、会社設立後に行う諸々の作業を代行する、必要となる専門家の紹介をする等、単純な会社設立で終わらない所が強みです。それでも出費額は自分自身で全ての手続きを行うのと、ほぼ同額。出費額を少し高めに設定してより広く深いサービスの提供を提案する事務所もあります。

本業関係者に依頼しても出費を安く抑えられるのは、士業関係者が登記手続きに必要な「収入印紙代」をカットできるシステムを整えているからです。士業関係者はこの差額を利用して登記手続き代行の利用料を安価にしたり、サービス費を実質無料・廉価に抑えたりを可能にしているのです。

プロの支援を受けることで会社設立前の多忙さを軽減するだけでなく、1円でも多く用意しておきたい資金を温存することができます。また、依頼する事務所によっては会社設立前後にあってほしいサービスを廉価に利用することができます。より良い会社設立を行いたいと考えている方であれば、士業関係者への代行依頼を検討する事は、決して無駄ではありません。

Copyright(c)2014 個人事業主から法人化、会社設立を考えていらっしゃる方必見、簡単会社設立術All Rights Reserved.